マンション

意外と違いがあるマンスリーマンション

マンスリーマンションはどこも同じ、なんてお考えになってしまっている人が多いようです。確かにサービスの枠組みとしてはどこも似たようなものですが、実際のところ料金や立地、設備などに大きな違いがあります。ですから適当に選んだ結果生活がしにくくて後悔をしてしまうという事もなくはないのです。
マンスリーマンションはまず料金に結構な幅があります。例えば都内で一週間以上一ヶ月以内のスーパーショートでマンスリーマンションを東京で利用したいと思った時に、安いところであれば2500円前後で利用ができますが、高いところでは5000円近くになります。もちろんこの中間くらいの料金のところもあります。同じ地域でもマンスリーマンションごとに料金は変わってきますから、しっかりと確認して選ばないといけません。
また設備に関しても、バストイレ別のところもあれば、ユニットバスのところもあります。ネットが無料のところもそういったものはないところもあります。立地に関しても、駅から数分のところもあれば、中には10分以上離れたところにあるものもあります。
このようにマンスリーマンションの特徴というのは様々ですから、適当に選ばずそれぞれ吟味して選んでください。

マンスリーマンションのグレードについて


マンスリーマンションは同じ業者の扱っている物件ならすべて同じタイプの部屋だとついつい思い込んでしまうかもしれませんが、実際のところそうでない場合もあります。それはつまり、同じ業者の物件でも部屋のグレードが違うということです。
予算があってリッチな人ならグレードの高い部屋を選ぶことができます。部屋が広くてマンション自体の立地も良く、交通アクセスの良い物件です。中にはオーダーメイド家具の設備が設置されているという物件もあり、そういうところはグレードの高さがセールスポイントになっています。ただ、その分値段も張りますので、予算に余裕がないと借りることができないです。
それとは反対に予算がほどほどでも借りられるリーズナブルな物件、またはスタンダードな物件ももちろん用意されています。それらの物件ならマンスリーマンションを東京で借りようとする人たちに対してとても借りやすい料金設定になっていますので、グレードはそこまで高くないかもしれませんがその分利用しやすいです。
こうしてたとえ同じ業者であってもマンスリーマンションのグレードは違いますので、予算に合わせたマンスリーマンションの部屋選びをしていくことが上手な選び方といえます。

期間と利用意義を考えたマンスリーマンションの検討を


私は、まれにですが出張が発生する仕事に就いております。方面としては東京エリアになるのですが、その際はマンスリーマンションを東京でよく利用しますね。
職種が営業のため、出張から帰った際は後輩などにマンスリーの質問を受けることがあります。
一番多い声としては、ウィークリーマンションとマンスリーマンションの違いですね。
ウィークリーにはまず、1ヶ月に満たない2~3週間程度の滞在を旅館業としての意味合いを強く持たせて旅館業法に照らし合わせて運営をしています。
その為に、旅行雑誌等でもマンスリーに関しての紹介がなされていますよ。
利用される方からの視点では、必要書類が少なく、契約が比較的容易に締結出来ると考えて頂いて良いです。
一方、マンスリーに関しては利用初日から良質なインテリア、家具などが備え付けられていると考えられて下さい。
ウィークリーとは相反し、こちらは期間が長期につき、ホテル業、賃貸を主とする意味合いを強く持っています。その為に、住宅関係の情報誌などで多く見受けられますよ。問題点という事ではありませんが、こちらでは保証人が必要となっていたりするので事前にある程度の問い合わせをしておくのがベターでしょう。
料金に関しては1ヶ月程度として考えると、ウィークリーとマンスリーに関しては相違はないと言えます。しかし、1ヶ月を超えて数ヵ月となると、ウィークリーではなくマンスリーの方が割安といえるでしょう。商品の概念と類似し、ディスカウントしてもらえるということですね。
数ヵ月だけの滞在にも係わらず、一般賃貸として不動産会社をあたる方もいます。ですが、マンスリー等による契約では敷金礼金といったものは必要としないので、1ヶ月は超えれど3ヶ月未満程度の滞在予定ならマンスリーが妥当ではないでしょうか。
自分の滞在する期間と、目的のエリアでどういった過ごし方を望むかを考えると良い答えが出るはずですよ。

観葉植物

マンスリーマンションは一人暮らしの第一歩にも最適

会社の長期滞在型の研修などでも便利に使えるマンスリーマンションですが、社会人として親元を離れ、一人暮らしをスタートさせる第1歩としての居住スペースとして利用することも大変オススメです。 マンスリーマンションは、一言で言うと「短期でで契約出来る、家具・家電付きの賃貸ルーム」です。通常の賃貸物件のような敷金や礼金といった費用が掛からないものが多く、更新料も必要ありません。必要なタイミングで、いつでも契約・解約が出来るのがマンスリーマンションの特徴…

Readmore

机

初めての一人暮らしにうってつけのマンスリーマンション

マンスリーマンションという形の賃貸契約をご存じでしょうか?実家で生活している青年で、一人暮らしに憧れている人は多いでしょう。しかし実際にマンションやアパートを借りようとすると、様々な壁が立ちはだかります。まず初めに、ある程度安定した収入が確保されていないと、不動産会社に相手にしてもらえないことがよくあります。そして、利益の関係から不動産会社は、なかなか安い賃貸を扱っているところが少ないのが現状です。そこで、近頃首都圏周辺や大阪、京都などで格安のマンス…

Readmore

赤いソファ

女性の設備にこだわったマンスリーマンション選び

特に女性がマンスリーマンションを利用するときに、その物件選びにはいろいろと気を遣います。部屋の設備はもちろんのこと、キッチンはどうなのか、お風呂やトイレはどうなっているのか、さらにはエントランスの防犯はどうなっているのかなど、男性に比べればかなり考える項目は多いです。 それらの設備については各マンスリーマンションによってだいぶ違いますので、きちんと検討を重ねていかなければなりません。あちらを立てればこちらが立たぬという具合にすべてパーフェクト…

Readmore

ベッド

マンスリーマンションの入居期間について

マンスリーマンションはその名前のイメージから、一ヶ月しか入居ができないと思い込んでしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし実際のところはそういうものではなく、入居期間は一週間から一年未満の間で入居が可能になっています。それは実はウィークリーマンションも同じです。 多くのマンスリーマンションの入居期間には、一週間以上一ヶ月未満のスーパーショート、一ヶ月以上で三ヶ月までの間で入居をするショート、またもっと長く四ヶ月から七ヶ月までの…

Readmore